コストコのフードプロセッサーが安くて便利!

コストコのフードプロセッサー

どーも、最近コストコ会員になったケースケです。

初コストコを満喫した結果、お会計が60000円を超えていました。完全にコストコマジックにやられましたね。

そんな中フードプロセッサーを買ったのですが、これが安かった上に使い勝手がよかったので、使用レビューとともに紹介したいと思います!

Cuisinartのフードプロセッサー

今回見つけたのはこれ!

コストコのフードプロセッサー

Cuisinartのフードプロセッサー。クイジナートと読むようです

特徴としては以下になります。

  • 11カップ(2.6L)の大容量
  • 『切る・刻む・細切り・薄切り・すりつぶす・こねる・混ぜる』7種類の調理機能
  • 大きめのフルーツや野菜もそのまま投入できる、幅広設計
  • 高速・低速・パルスなどの操作がワンタッチで可能
  • ステンレス製ブレードなので、鋭い切れ味でナッツ類から生肉までさまざまな食材を調理可能
  • 1-7mmの間で厚さを調整可能
  • ディスクがリバーシブルで、細切りと中細切りを簡単に使い分けできる

コストコでセールをやっていて、定価13800円のところを9800円で購入しました!

早速使ってみましょう!

使ってみた感想

まず開封すると、ディスクが2枚入っています。

コストコのフードプロセッサー

左側が『スライスディスク』で、果物や野菜を薄切りにできます。真ん中の軸を回すことで1〜7mmの間で厚さを調整可能です。

右側は『シュレッドディスク』で、チーズやじゃがいも・にんじんなどの野菜を細切りにできます。リバーシブルになっており、細切りと中細切りどちらもできます。

さらに、ディスクの代わりにメタルブレードという下の写真の部品を回転軸に取り付けると、『切る・刻む・混ぜる・こねる』といった調理ができ、例えば玉ねぎやにんじんを切ったり、こねてハンバーグやパン生地作りにも使えます

コストコのフードプロセッサー コストコのフードプロセッサー

今回はスライスディスクを使って、キャベツをスライスしてみましょう。

組み立てるとこんな感じです。

コストコのフードプロセッサー

ワークボール部分は目盛りが付いていて、2.6L入る大容量タイプです。

コストコのフードプロセッサー

まずはキャベツを半分に切ります。

コストコのフードプロセッサー

投入口に入れてみましょう。

コストコのフードプロセッサー

あとは上から『プッシャースリーブ』と呼ばれるフタを押し込むと

コストコのフードプロセッサー

ものの数秒で、見事にキャベツがスライスされました。これは簡単ですね!

ボタンも「高速・低速・押している間のみ作動」の3つのみでシンプルで使いやすいです。

コストコのフードプロセッサー

またお手入れも簡単に分解でき、本体ベース(土台の部分)以外は食器洗浄乾燥機OKなので、その点もおすすめです。

調理できない食材

コーヒー豆や大豆・煮干しなどの固めの食材や、粘りの強い長芋・納豆、その他とり皮やすじ肉は調理できないようです。

まとめ

  • コストコで売られている「クイジナートのフードプロセッサー」が、使い勝手がよくおすすめ
  • 『切る・刻む・細切り・薄切り・すりつぶす・こねる・混ぜる』などの調理が可能
  • お手入れも簡単

いつまでコストコにあるかはわかりませんが、見つけたらぜひ検討してみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です